産後ダイエットの情報あれこれ

うさろぐ

ダイエット方法 産後ダイエット基礎知識

【ダイエット効果もある!?】産後の骨盤ケアグッズ

投稿日:

骨盤ケアグッズ

産後のぽっこりお腹やむくんだ体ってとても気になりますよね。

出産直後は特に、「このお腹本当に戻るんだろうか?」と私も思いました。

 

産後1ヶ月の体を休めている時でも何かしたい!という方にオススメグッズをご紹介します。

 

ぽっこりお腹の原因は?

 

産後はなぜぽっこりお腹になってしまうのでしょうか?

 

お母さんのお腹から赤ちゃんや胎盤がなくなりたるんだしまった皮膚。というのもありますが、原因はそれだけではありません。

 

お母さんは妊娠出産を経て骨盤が徐々に開いていき、それと同時に内臓も徐々に下がっていきます。

 

うさぎ
内臓が下にあるということ、産後のたるんだ皮膚というのがポッコリお腹の主な原因です。

 

その他には妊娠中に太りすぎてしまい脂肪が付きすぎてしまったということもあります。

 

産後に使える骨盤ケアグッズ♪

 

産後は骨盤が開き内臓が下がっているということは、骨盤をしめて正しい位置に戻し、内臓も正しい位置に戻すことがポッコリお腹解消への第一歩です。

 

では、骨盤を正しい位置に戻すにはどうしたらいいでしょうか?

 

運動やエクササイズなどは産後1ヶ月はしてはいけません。

なので骨盤をしめたり、しっかり支えてあげるグッズを使いましょう!

 

骨盤ベルト・ニッパー

 

現在はたくさんの種類があり、どれを使うのがいいのか迷ってしまいますよね。

産前産後に使えるものもあり、お値段も3,000円〜とお手頃なものもあります。

 

私の場合は、産前産後関係なく腰の弱い方でもの使える骨盤ベルトを使用していました。

いくつか迷いましたが、試着したなかで自分の体に対して一番締め付けが安定していました。

 

まこ先生
大型のショッピングモールなどのマタニティコーナーにはベテラン助産師さんがいる場合もあり、試着してみたりアドバイスをもらえるところもあります。

 

自分に合わせて購入するものなので、試着をしながら選ぶことをオススメします♪

 

トコちゃんベルト

 

とても有名な骨盤ベルトですよね。

トコちゃんベルトⅠ・Ⅱ・Ⅲとありますが、産後の方はⅡ・Ⅲがオススメです。

 

トコちゃんベルトは自分のサイズに合っていないと、あまり効果はないのでしっかりサイズを測ってから購入しましょう

 

産婦人科によっては、サイズを測って購入させてくれるところもあるので、不安な方は一度尋ねてみましょう。

 

公式サイトではベルト選びの診断もありますので、参考にしてみてください♪

トコちゃんベルトの選び方

 

ガードル

 

骨盤ベルトやニッパーと違い、履くタイプの骨盤ケアグッズです。

 

他と違うメリットとしては、

お腹まですっぽり隠れるのでお腹が冷えない

お腹のシェイプアップやヒッピアップにも効果がある。

などがあります。

 

うさぎ
産後の1〜2ヶ月あまり動かない時期は骨盤ベルトやニッパーで過ごして、活発に動くようになってきたらガードルを使用するというのも良いですね。

 

産後1ヶ月はしっかり休もう!

 

骨盤ケア一ヶ月は休もう

 

産後は骨盤ベルトやガードルなどで骨盤を締めたり支えることだけにとどめて、まずは1ヶ月しっかり休みましょう。

 

「ベルトをつけているから大丈夫!」ではなく、「ベルトをつけないといけないほど体はボロボロ」と考えてください。

 

産後1ヶ月無理をしてしまうと、骨盤・恥骨の戻りが遅くなってしまったり、正しく戻らず病院へなんてことになりかねません。

 

骨だけではなく体調面も産後は元気に思えますが、疲れやストレスから体調を崩しやすくなってしまったり、治りにくかったりということも起きてしまいます。

 

また、特に注意したいのが「冷え」です。

産後は特にお腹や足などを冷やしてしまうと、血液の流れが悪くなったり内臓の機能の低下にもつながってしまいます。

 

私も夏の出産でしたが、骨盤ベルト+薄手の腹巻をしていました♪
夏だし蒸れるかと思いきや、部屋ではクーラーをつけていたので逆にお腹を壊す心配がありませんでした。

 

自分にあったベルトやガードルを選んで、産後ダイエットの第一歩を試してみましょう!

 




-ダイエット方法, 産後ダイエット基礎知識

Copyright© うさろぐ , 2019 All Rights Reserved.