産後ダイエットの情報あれこれ

うさろぐ

ダイエット方法 運動

【毎日5分!】産後ダイエットは骨盤スクワットがおすすめ♪

更新日:

最近口コミやメディアなどで有名になってきた骨盤スクワットをご紹介!

実はこの骨盤スクワット、産後のエクササイズとしても有効なんです。
注意点を守って実践してみればきっと体の変化が表れるはずです!

骨盤スクワットって何?

 

骨盤スクワットとは、骨盤の位置を矯正し体系を元に戻すエクササイズです。

妊娠~出産を経て骨盤が開いた状態になります。
出産後は支えるものが何もなくぐらぐらな状態です。
そこから約6ヶ月かけて骨盤は元に戻るといわれています。

 

しかし、産後のバランスが悪かったり姿勢が悪かったりなどで骨盤が正常に戻らず、体系崩れや生活に弊害が出てしまうことがあります。

それらを改善してくれるのが骨盤ダイエットです!

 

産後すぐ始めていいの?

 

広がった骨盤は約6ヶ月かけて元に戻っていきます。
つまり約6ヶ月間は柔軟な期間なのでその間にエクササイズしたいところです。

 

しかし、産後は体が回復していないことや赤ちゃんのお世話で寝不足であったり、精神的に不安定になっているので1ヶ月はやめておきましょう。

1ヶ月の検診の際に何も問題がなければエクササイズをスタートしても良いでしょう。

 

骨盤スクワットの効果は?

骨盤スクワットは股関節周辺のインナーマッスルを鍛える運動です。
インナーマッスルを鍛えることによって痩せやすい体を作っていきます。
その他の効果も見ていきましょう。

  • 骨盤の矯正
  • 血液の流れが良くなる(新陳代謝が高くなる)
  • お通じが良くなる
  • O脚の改善
  • 太もも痩せ
  • ストレス発散
うさぎ
1日に数分の運動でダイエットとデトックスができるなんてとてもうれしいですね!

赤ちゃんのお昼寝中、寝る前など場所や時間を選ばないのもいいですね。

まこ先生
短時間の運動ですが、とても負荷がかかるので少しの運動でもストレス発散につながります。
効果の目安は1ヶ月と言われています。

 

骨盤スクワットの方法

1日1回約3分、1週間行ったら2・3日休むといったやり方がベストです。
これは、毎日何回も行っていると体が慣れてしまい鍛えることができなくなってしまうからです。

 

  1. 足を肩幅程度に開き立つ。
  2. 足のつま先を外側に開く(出来るだけ限界まで)。
  3. 上半身と床を垂直に保ちながらひざを外側に曲げ、45秒かけて腰を落とす。
  4. 15秒かけて腰を上げ、元の位置に戻る。
  5. つま先を内側に向ける(出来るだけ限界まで)。
  6. 上半身と床を垂直に保ちながらひざを内側に曲げ、45秒かけて腰を落とす。
  7. 15秒かけて腰を上げ、元の位置に戻る。
  8. つま先が内向きのまま、15秒かけて体を前に倒す。
  9. 15秒かけて体を起こす。

 

わかりやすい動画もありますので、ぜひチャレンジしてみてください。

注意することは?

 

骨盤スクワットの注意

 

骨盤スクワットを行う上で、注意点も押さえておきましょう。

上記にも挙げたように毎日は行わないこと、腰や膝が痛む場合は無理をせずお休みしましょう。
元々腰や膝が弱い方は痛まない程度で行うか、回数を減らしましょう。

 

また、骨盤スクワットを継続してもカロリーを摂りすぎると効果があまりないので、食事面も工夫しましょう。

 

帝王切開で出産された方は、傷の治りや体力面などもありますので、産後2ヶ月は控えてください。

何事も無理をしないように産後ダイエットに取り組みましょう!




-ダイエット方法, 運動

Copyright© うさろぐ , 2019 All Rights Reserved.