産後ダイエットの情報あれこれ

うさろぐ

ダイエット方法 運動 食事

【意外に知らない?】産後ダイエットってなにしたらいいの?

更新日:

産後ダイエットの方法

ダイエットと聞くと、食事制限・運動・サプリメント・間食禁止などいろいろ考えますよね。

 

しかし、産後は体が妊娠前の状態に戻っていなかったり、昼夜問わず赤ちゃんのお世話で精神状態も安定していない場合が多いです。

 

そんな中で普通のダイエットをするのは体力的にも精神的にも厳しいものがあります。

では産後ダイエットは普通のダイエットと何が違うのでしょうか?

 

産後ダイエットの方法は?

産後ダイエットの方法はいくつかあります。

  • バランスのいい食事
  • 適度な運動(ウォーキングなど)
  • 産褥体操
  • 骨盤スクワット

しかし、どの方法も大事なことは絶対に無理をしないことです。

 

母乳育児であればある程度食べるものにも気を付けると思いますが、母乳を作る分とてもお腹がすきます。

食事制限をするのではなく、バランスを考えた食事をしましょう。

 

その他にも、骨盤ベルトやニッパーを使用して骨盤を元の位置に戻すことで血液やリンパの流れが良くなり痩せることもあります。

 

母乳育児は勝手に痩せていく!?

 

母乳育児で痩せる?

 

よく母乳育児は勝手に痩せていく!と言われますが、これはお母さんの血液中に含まれている栄養素を母乳として体外に出しているからなんです。

 

しかし、中には痩せない・変わらないという人も。

なぜ母乳育児で痩せないのかいくつか原因があります。

  • カロリーを摂取しすぎている(食べ過ぎ)
  • 母乳が出ていない
  • 骨盤がゆがんでいる
  • 基礎代謝が落ちている

などが挙げられます。

 

赤ちゃんのためを思って食事をするものの、ついつい食べ過ぎてしまっていませんか?

 

食事の量と母乳の量が見合っておらず、そのままお母さんの体内に蓄積されてしまうことも。

あまり食べていないのに体重が減らない場合も母乳が思ったほど出ていないのかもしれません。

 

その場合、赤ちゃんの体重の増加もチェックしてみてください。

また、骨盤がゆがんでいると内臓が下がってしまい血液やリンパの流れが悪くなり太りやすくなる原因になります。

妊娠中、切迫早産などで絶対安静だったり、運動不足などで基礎代謝が落ちている可能性もあります。

 

帝王切開の方は注意が必要!

 

帝王切開の場合お腹を切っているので、まずは傷を治すことを優先しましょう。

普段の生活で動くことは良いですが、2ヶ月は安静にして運動は控えましょう。

 

まこ先生
傷の回復は個人差ですしお腹を切るという手術をしているので、ダイエットの時期や傷の回復具合など医師に相談してみることをお勧めします。

 

まずは赤ちゃんを優先!自分の体と相談しましょう

妊娠前の体系に戻れるのが理想ですが、一番優先しなくてはいけないのが赤ちゃんのお世話です。

昼夜問わず赤ちゃんのお世話でお母さんの睡眠もままならない状態ですので、無理だけは絶対にしないようにしましょう。

 

何十キロも減量するわけではないので、「赤ちゃんのために規則正しい生活・食事をする」などの違った意識の仕方で始めてみましょう。
体調も良くなり、1ヶ月を過ぎてからそこに軽い運動をプラスしてみてはどうでしょうか。

 

自分の体や医師と相談して無理のない産後ダイエットをしていきましょう。

 




-ダイエット方法, 運動, 食事

Copyright© うさろぐ , 2019 All Rights Reserved.