産後ダイエットの情報あれこれ

うさろぐ

ダイエット方法 授乳期 運動 食事

コツをつかんで授乳中でもストレスフリーなダイエット!

更新日:

授乳中ダイエット

授乳中はとてもお腹がすいてしまってついついいろんなものを食べてしまいますよね。

「これでは妊娠中に増えた体重が元に戻らない!」と思っていても、赤ちゃんの栄養を考えると無理なダイエットは出来ません。

しかし、赤ちゃんと一緒にできるストレッチやお世話をしながらの運動、ちょっとした食事のコツを押さえれば授乳中でもダイエットできちゃうんです!

 

産後は痩せやすい時期?

 

産後直後についている脂肪は「流動性脂肪」と呼ばれるもので、水分をとても多く含む脂肪です。

ダイエットすると落ちやすい脂肪で、期間を置くと次第に硬くなって落ちにくい脂肪になってしまいます。

 

その期間というのが産後6ヶ月と言われています。
産後に広がった骨盤が徐々に戻っていく期間と同じですね。

 

まこ先生
骨盤を正しい位置に戻しながらダイエットするのが一番ベストだと考えられます。

 

母乳育児で痩せる!?

 

母乳育児は自然と痩せていく!とよく耳にしますが、これには個人差があります。
そもそも、なぜ母乳育児だと痩せやすいのでしょうか?

 

母乳はお母さんの血液から作られます。
お母さんの摂取した栄養が赤ちゃんに母乳としていくわけです。

お母さんは母乳を1日あげると約500Kcal消費すると言われており、これはジョギングやサイクリングを1時間と少し行った時と同じカロリー消費量と言われています。

 

つまり 1日授乳 = 約1時間の運動 実は運動していたも同然!という状況だったのです。
そのため母乳育児は痩せやすいと言われているんですね。

 

授乳中の食事には気を付けて!

 

授乳中の食事

母乳育児中はとてもお腹がすきますね。
私も完全母乳育児だったので、お腹が空いては冷蔵庫を開けて常に何かを食べていました。

 

しかし、いくらお腹が空くからといって食べ過ぎはいけません。

1日に食べたカロリー > 1日に消費したカロリー

となってしまってはいくら痩せやすい時期でも痩せることはありません。

 

和食中心に、甘いものや油っぽいものはできるだけ控えるのが理想です。

 

おすすめな運動法は?

 

赤ちゃんとスキンシップ

あまり激しくなく、赤ちゃんも一緒にできるものや1日に短時間で出来るものもあります。

 

  • ウォーキング
    ウォーキングというと堅苦しくなるかもしれませんが、ベビーカーや抱っこひもなどを使って赤ちゃんとお散歩に行ってみましょう。

 

  • ストレッチヨガ・ベビーヨガ
    テレビを見ながら、赤ちゃんのお昼寝のタイミングで少しヨガのポーズをしてみるのもいいですね。
    赤ちゃんと一緒にできるベビーヨガもおススメです。ベビーヨガ教室もありますよ!

 

 

  • 筋肉トレーニング
    産後は筋力が落ちていて、お尻が下がった・二の腕がプニプニになったなどありませんか?
    椅子に座りながら腿を上げる、階段を使ってみるなど日常生活でできる筋トレをしてみましょう。

 

産後は1ヶ月以降(帝王切開の方は2ヶ月以降)から運動してみましょう。
赤ちゃんとスキンシップを取りながら運動すると楽しいですね。

 

うさぎ
体調が優れない、睡眠不足や精神的に辛い時などは無理をせずゆっくり休んでください。

 

お母さんと赤ちゃんのことを第一に考えて無理のない産後ダイエットに挑戦しましょう!

 

 




-ダイエット方法, 授乳期, 運動, 食事

Copyright© うさろぐ , 2019 All Rights Reserved.