産後ダイエットの情報あれこれ

うさろぐ

ダイエット方法 授乳期 食事

授乳中でもダイエット茶を飲んでもいいの?飲むときのポイントをご紹介!

投稿日:

授乳中にダイエット茶は大丈夫!?

普段のお茶をダイエット茶に変えるだけで減量ができたらとても楽でうれしいですよね♪

 

しかし、授乳中のお母さんの場合飲んでも大丈夫なのか気になります。

 

授乳中のお母さんが控えたほうが良い成分や、ポイントを押さえて飲んでみてくださいね。

 

授乳中はダイエット茶を飲んでも良いの?

 

授乳中は食べるもの、飲むものにとても気を使います。
デトックス効果や美容効果のあるダイエット茶は飲んでも良いのでしょうか?

 

答えは 飲んでも大丈夫! です。

 

ただし、授乳中は控えたほうが良い物もあるので注意が必要です。

 

授乳中はとてものどが渇くので、普段飲んでいるお茶をダイエット茶に変えてストレスなく減量できると嬉しいですね。

 

一番うれしいのは、産後すぐから始められる点です。

運動やストレッチは、最低でも産後一ヶ月後からになるのでダイエット茶の一番のメリットともいえるでしょう。

 

母乳はお母さんの血液から作られるものです。
授乳中でも安心して飲めるダイエット茶を探しましょう!

 

授乳中に控えたほうが良い成分や食材は?

 

母乳はお母さんの血液から作られるということは、授乳中のお母さんが食べたものが影響してきます

赤ちゃんに影響が出るものはできるだけ食べたくありませんよね。
神経質になりすぎることもよくありませんが、できるだけ気を使いたいものです。

 

では、授乳中でも安心して飲めるお茶を探すために、控えたほうが良い成分や食品を見てみましょう。

 

  • アルコール類
  • カフェイン
  • 牛乳やチーズなどの乳製品
  • 甘いもの・刺激物・油っこいもの

 

授乳中の飲酒は赤ちゃんに悪影響があることがわかっています。

一口だけなら大丈夫・時間をおけば大丈夫・搾乳すれば大丈夫という意見がありますが、アルコールの分解度はお母さんによって個人差があります。

授乳中は飲まないようにしましょう。

 

コーヒーや紅茶が大好きなお母さんは多いでしょう。
カフェイン摂取の場合は1日1〜2杯、授乳直後に飲むことをお勧めします。

カフェインを摂りすぎると赤ちゃんが興奮状態・いつも以上にぐずる・なかなか寝付かないなどの状態になることもあります。

また、たくさん飲みたいという方はカフェインレスなもの(たんぽぽコーヒー)なども試してみてください。

 

乳製品や甘いもの・刺激物や油分が多いものを食べすぎると乳腺炎の原因にもなります。

私も、揚げ物やスイーツをたくさん食べてしまった日はお乳がパンパンに張ったり、母乳が不味くなったのか子供も飲み方がとても適当でした。
「お腹が空いたからとりあえず飲む」という感じであまり満足してくれなかった覚えがあります。

 

ダイエット茶の成分や原産をしっかりチェック!

 

授乳中のダイエット茶ポイント

 

ダイエット茶の場合は上記の成分が配合されていないものを選びましょう。

まこ先生
しっかり成分や茶葉などの原産が明記されていると安心ですね♪

 

あまりにも安いものを選ぶと、品質が低いものであったりダイエットに効果的な成分があまり配合されていなかったりして効果が今ひとつ・・・なんてこともあります。

 

また、お茶を飲む際は常温〜温かいものを飲むようにしましょう。
冷たいものを飲みすぎると体が冷えてしまってよくありません。

うさぎ
冷えは万病の元!です。

 

産後すぐから実践できるダイエット法なので、ぜひ試してみてください!

 




-ダイエット方法, 授乳期, 食事

Copyright© うさろぐ , 2020 All Rights Reserved.