産後ダイエットの情報あれこれ

うさろぐ

産後ダイエット基礎知識

産後ダイエットいつから始めれば効果的?

更新日:

お子さんが生まれてからというもの、ご自身の身体をじっくりと見る時間もないですよね。

体型崩れは、妊娠前に着ていた下着や洋服が着れなくなってから実感する方が多いのではないでしょうか。

 

母乳育児をされている方は、今はまだ授乳用の洋服を着続けた方が生活スタイルにあっていますので、妊娠前の服に無理に戻す必要はありません。

今まで大きなお腹を支えての生活で運動量が減ったこともあり、筋肉量が落ち、骨盤が歪んでいます。

そして、毎日24時間休みなく続く慣れない赤ちゃんのお世話。

睡眠もろくにとれず、いろいろなストレスが溜まっていることでしょう。

 

そんな中でも、ダイエットを開始するタイミングをつかみ、徐々に身体をもとに戻していくことで、元気に赤ちゃんとの生活を楽しむことができますよ!

スポンサードリンク

産褥期(さんじょくき)の大切さ

生まれたばかりの赤ちゃんは頻回授乳のため最初はとても大変ですが、だんだん時間が空いてくるものです。

育児日記をつけられてますか?

だんだん授乳間隔があいてきていませんか?

また、赤ちゃんとの生活に少しは慣れてきたのではないでしょうか。

出産は「全治8か月の重症」と同じくらいのダメージを受けています。

母体が出産前の状態に戻る時間は、分娩後から一か月、遅くとも一か月半はかかります。

 

この産褥期は家事はほどほどにし、自分の身の回りのことや赤ちゃんのお世話中心で、安静第一に過ごすようにしてください。

この大事な時期に無理をしてしまうと、産後のトラブルにもつながりかねません。

 

産褥期は主に子宮収縮が始まり、最大に緩んだ骨盤、ホルモンバランスの変化、そして精神的にも不安定な状態です。

この大事な産褥期に無理をしてしまうと、産後うつや尿漏れの悪化、骨盤下の筋肉の回復遅れによる子宮脱出や子宮下垂になる要因など、いくつものトラブルが挙げられます。

 

とくに経産婦さんなどは無理しがちですよね、かく言う私も経験済みです。

腰痛などのトラブルが増えて、あの時もっと自分を大事にすればよかったと後悔先に立たずです。。

そうならないためにも、ぜひご参考いただければ幸いです!

いつから?産後ダイエットの開始時期

産褥期があけたころ、閉じこもりがちな生活に刺激がほしくなってくると同時に、自然と心も身体も元気が戻ってくるものです。

そして一か月健診で、医師より順調に回復していると許可がもらえてからがダイエットの開始時期です!

 

しかし、それは普通分娩で出産された場合です。

帝王切開での出産の場合は傷の治りも加味しないといけませんので、2か月位は安静にするようにしてくださいね。

そして産後6か月までが一番痩せやすい時期なので、目標を設定してから開始しましょう!

産後ダイエットの痩せ時の理由とは?

妊娠中の身体についていた脂肪は「流動性脂肪」と呼ばれている脂肪で、お腹の中の赤ちゃんを守るために必要な脂肪だったのです。

流動性脂肪はふつうの脂肪よりは落ちやすくなっています。

 

しかし産後半年を過ぎてしまうと、脂肪は定着して落としにくくなってきます。

そこで、個人差はありますが、産後ダイエットの開始時期は産褥期を終えた産後一か月あたりから、そして産後6か月までは脂肪が燃焼されやすいので体型も戻りやすく、そこでこの半年間が

産後ダイエットの勝負時なのです!!

 

また、とくに産後の骨盤の歪みをほおっておいたままにすると、背中や腰の痛みが出てしまったりと身体の不調をも起こしかねません。

骨盤の歪みを整えることで、妊娠前よりもきれいな体型に戻していくことも可能です!

さらに母乳育児の方は、ふだんよりも500~700㎉消費しているので、さらに痩せやすくなります。

産後ダイエットの重要性について

妊娠や出産で歪んだ骨盤で姿勢が悪くなったり、お腹周りなどに脂肪がついてしまいますが、産後ダイエットを行うことにより、妊娠前の身体を取り戻すことができます。

産後の歪んだ骨盤のままほおっておくことで、疲れやすくなったり太りやすくなるほか、生活習慣病の発症リスクも高くなってしまいます。

美容面も大切ですが、産後の健康を維持することも重要です。

 

こまめな運動や食事を工夫するだけで、最初は大変かもしれませんが、じょじょに健康的な生活習慣が自然と身についてきます。

また、栄養バランスの摂れた食事で作られる母乳も美味しくなります。

ただし、無理は禁物です。マイペースに、身体優先で行っていきましょう。

 

そして生後6か月を過ぎたころ、早いお子さんだと寝返りやハイハイをしだすので、目がだんだん離せなくなってきます。

離乳食も始まりますので、まだあまり動かない時期のうちに食生活や運動方法を習慣づけておくのは大事ですね。

そして、これからの赤ちゃんとの追いかけっこのためにも、元気ママになって育児ができるのです!

まとめ

一人目妊娠時に、妊婦ヨガに通っていた私です。

助産師さんでもあられるヨガの先生は、出産はデトックスだとおっしゃっていました。

赤ちゃんと一緒に、汚いものも出てくれると。

 

産後ダイエットもうまくいき、一人目の時はそれはとても元気にをやっておりました。

まさに言葉の通りだと思ったものです。

産褥期はとにかく休む!

 

一か月健診で医師のOKが出たら、産後半年は運動・食事面を気にかけた生活を送る!

そして「笑顔」です!しばらくすると赤ちゃんも笑顔で返してくれるようになります。

元気ママは、育児にも余裕がもてるのです。

産後ダイエット、いいこと尽くめですよ!




-産後ダイエット基礎知識

Copyright© うさろぐ , 2020 All Rights Reserved.